利息制限法が実行される前

ローンキャッシングしたケースは、お金を返す時には利率を乗せた払いになるのは周知の事実です。ゴリラクリニック ヒゲ脱毛

金融会社は営利をターゲットにした業者なのですから当たり前です。レモンもつ鍋

しかしお金を支払う方は、少しでも少なく払いたいというのが本心でしょう。かに激安

利息制限法が実行される前は年率30%近い利率返済していましたが、定められてからは高金利でも年間18%位ととっても低く定められていますので、かなりお得になったようです。エタラビ なんば

この頃のローンの利子の範囲は4%位から18%位の枠に定められていて、使用可能額により決められます。

利用可能額は申込者の信用度によって決定されます。

総量制限により収入の1/3までと設けられていますので、一年の収入がどれほどあるのか?どういう職業なのか?カードローンの使用履歴はどうなのか?調査され与信額としてクレジットカードの内容が決められます。

カードを使ったローンの場合利用可能額が10万円〜800万円(各社で内容は違います)と広い枠があります。

そしてその枠の中で決定した利用可能額により利子も決まります。

50万円なら18%、300万円なら年間12%、800万円なら年率4%といった具合になるはずです。

つまり、評価が高ければ、与信金額も多くなり、利息も下がるはずです。

このことに違和感を受けるのは僕だけでしょうか?余談となってしまいますが、カード会社にとって、これらは当たり前でしょうが、収入の良い人がローンサービスが必要とは考えずらいですし、もしキャッシングローンを利用した場合でも利率が良かろうが悪かろうが支払いに困る事はないです。

反対に年収悪い人はすぐさまお金がほしいから融資を受けるという方がいて、金利が多いと返済に困ることになります。

なので借り入れ可能範囲の良くない人こそ低利率で利用できるようにするべきなのではないでしょうか。

この見方は利用する視点からの意見ではあります。

これらの事を踏まえて、金利を良くする為にはどのようにすれば良いのかおぼろげながら感じたはずです。

実際にこれから書く方法で、申し出をする人が大勢いるので教えますと、カードローンの申し込みをする際、年の収入の1/3ぎりぎりまで申込みをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

申し込み、カード審査で申し込んだ満額通ればその分金利が低いカードを手に入れることができるのです。

と言って限度額ギリギリまで使わなければならないわけではありません。

10万円でも30万円でも必要な金額だけ使えます。

そして最高利用範囲が300万円で最低利子年間7%位のローン企業もあるのです。

そちらを申し込めばその企業の最低利率で返済できるようになるはずです。

どう感じましたか?アプローチ次第で低利率のクレジットカードを持つことが出来るようになります。

自分の年の収入と金融会社の利息を比べて、調査に時間を割けば、より良い契約でお金の借入れができるため、ちゃんとチェックするようにしましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.cwruswing.com All Rights Reserved.