必然的に実印が必要ですが

クルマを売る場合、それから車の売買のさいも印鑑証明が必要です。

それではこの印鑑証明について説明しましょう。

印鑑証明というのはその印鑑が実印で間違いないことを保証する目的を持つ書面です。

これがない場合にはその印鑑について実印で間違いないという事実が実証できません。

大きなお金が動く商談になる愛車の売却ですので、必然的に実印が必要ですが、その時に印鑑証明という書類が出てきます。

印鑑証明書を発行するには、印鑑証明しなければなりません。

印鑑証明書に登録する印は正式には実印と呼ばれ、世界で唯一のはんこであることが条件です。

この印を持って、近所の市役所などの受付へ出向けば、すぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードというものが発行されその印は実印ということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには、役場の案内係で、専用の用紙に必要事項を記載して、印鑑登録カードを持って行くだけです。

さらに自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付する事が可能です。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

ですので、いつ取得した印鑑証明でも効力は消えないということになります。

ただ自動車売却の際は必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。

通常は期限を定める必要はないですが、買取の際は買い取る側が有効期限を設定していますので仮に自動車の買い取り予定の車があるなら、はじめに手元に置いておく必要があります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.cwruswing.com All Rights Reserved.