www.cwruswing.com

任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは別に、自賠責保険の範囲内でカバーされない補償を考慮している大切なものです。これは任意保険のポイントは自賠責保険の上級保険という意味合いで機能しますので自賠責保険でまかなえる支払いの限界を上回った際に有用です。また自賠責保険だけでは物に対する損害については補償が受けられないのでそこのところをまかなう際には任意保険に加入しておくことが望ましいです。もう任意保険を支払っている自動車を手放す場合は、国内メーカーの自動車あるいはイタリア車というようなことは例外なく残存金額が返金されます。国産自動車を処分する場合でも同じことが言えます。自動車損害賠償責任保険の場合一般的には加入したままでいるのが通例ですが任意保険の場合、誰もが入る保険ではないですから、中途解約をすることになります。また契約解除後は、現時点で 支払っている残金が返ってくるということになります。中古車売却が決定したとしても即任意保険の契約を解除するのはリスクがあります。当然、早く解約すればその分戻ってくる額は上がりますが、もしも車店が離れた場所にあり自ら運転していくような場合には、任意保険なしで車の運転をするはめになります。リスクを想定して必ずこれから自ら車の運転をしない状況になる時まで契約のキャンセル手続きはすることのないようにしましょう。自動車を手放して、またすぐに新たな車両を購入するのならば良いですがもしも車の運転をしない状況が続き任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない時が存在する場合、以前継続していた保険の等級が下がるため保険料が上がることがあります。そういった時では「中断証明書」を出してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」を使えば最長10年は中断前の保険の等級を引き継いで加入することができます。そして13ヶ月以内であれば発行依頼をすることができるのですでに中古車を売却済みで、「中断証明書」という書類を発行してもらっていないのであれば保険の提供元やその代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。仮にあなたが新しくクルマを購入することになって買った後に前に保有していた愛車を処分してもらうのであれば、任意保険の加入はどちらか一方のみの契約となります。更新という対応になりますから乗らなければなれない車でしたら引き取りまでこのことを頭に入れておかなければなりません。それから、任意保険は車種によって金額がかなり変化してくるので、引き取りのさいは任意保険の保険料を振り返る好機にもなります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.cwruswing.com All Rights Reserved.